社会福祉士の試験が終わる

10067096039_s1-e1401539975171[1] - コピー

昨日は、社会福祉士の試験でした。会場はビッグサイト。

2年前に、社会保険労務士も、今後の超高齢化社会に対応していけるように、また何らかの人の役に立てればいいなという思いで、大原学園の通信教育を利用しつつ勉強してきました。スクーリングや23日の実習を経て無事学校を卒業して、臨んだ初めての試験です。知人友人無くのただ一人で臨んだ国家試験。

大勢の受験生が、だだ広い会場で、いっせいに試験にのぞみます。音声にしたがって始まり、音声の指示で終わります。シャッターが閉まり、閉じ込められた空間で午前2時間15分、午後1時間45分のマークシート式の試験。

初めての受験で、いろいろ面白かったのですが、なんだか試験を受けている私自身が何の個性も何もない、大量受験生の1人であり、規格化された商品のようにも感じ不思議な心地でした。

結局、11月模試から1度もテキストを開くこともなく、直前で見直しと思っていても、不慮の事故が重なって、何もしないで受験してしまいました。それも仕方ないと思っております。

3月に結果が届くようですが、それまでは意識を切り離し仕事に集中していきます。

JSK青山中央社会保険労務士法人

社労士ドットコム(シャロウシドットコム)

カテゴリー: 未分類 パーマリンク