思い込みが激しいと・・・

10067096039_s1-e1401539975171[1] - コピー

子どもの頃野球が苦手でした。今から思うと、本当にまあ、なんて発想でプレーしていたものやらですが、今でも何となく同じ行動様式だったりするわけです。

それは、バッターボックスに立つとき、第何球目で打つと決め込んでむかうというもの。つまり、打ちやすい球が来たら反応して打つのではなく、小学生の投げるへなちょこボールでもバットを振ります。もちろん、大きく空振り。そんな行動様式で野球にのぞんでおりました。

過去を振り返って、あの頃、打てなかったと悔やんでみても、何のことはない。第何球目で俺は打つという自縄自縛。それに気づくのもほとんどいい大人になってからでした。

この行動様式は、株の投資にも似ており、勝手にこの金額になったら売るとか買うとか・・・。全体の相場観や背景など何にも考えません。したがって、子供の頃の野球よろしく、大きく空振りになるわけです。

そんなこんなで、私は株式投資には本当に向いていないので地道に生きるようにしてます。最近、マザース、JQS等での上場案件が増えてきていますが、そう考えています。

その代り、当社のクライアントのIPOに向けの支援は精一杯頑張っております。

JSK青山中央社会保険労務士法人

社労士ドットコム(シャロウシドットコム)

カテゴリー: 未分類 パーマリンク