芸の継承

10067096039_s1-e1401539975171[1] - コピー

お笑い芸人を考えていた私が、高校1年の遠足の帰り道のこと。

いっせいに帰路に着いたので、いろんな学年の人たちが混ざり合いながら三々五々歩いておりました。

そこで、私は友人らに、私のネタを歩きながら披露していました。本当につまんないものですが・・・・。

「これ、タコですか」「イカにも」

「山口君のがまぐちです」「小川さんのおかあさんです」『フクロウのおふくろさんです」とかとか。

それが、ツボにはまったんでしょうか、前を歩いていた全然面識のない女子3人組が、「小川さんのおかあさんです」のところで、いきなりの大爆笑。

あまりにもの爆笑だったので周りがどよめいたほど。私はひそかに芸人の確かな手ごたえを感じたものです。

それで、娘にもこのネタを伝授してみたら、学校で大うけだったそうです。

こうして、芸がまた1つ引き継がれていきました。

JSK青山中央社会保険労務士法人

社労士ドットコム(シャロウシドットコム)

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク