社会福祉士合格しました。

10067096039_s1-e1401539975171[1] - コピー

今日、第27回社会福祉士国家試験の合格発表がありました。自己採点もせず放っておいたので心配でしたが、110点で無事合格(合格基準点88点)していました。

ところで私は、人生で1度だけ国家試験に落ちたことがあります。それが「原付免許試験」です。

大学1年の頃、原付は受ければ誰でも通るよという悪友たちの言葉を信じ、それでもそれなりに本屋で問題集を買い練習していったのですが、結果みごとに玉砕。悪友たちから、からかわれたものです。

試験というのはその試験にあったマインドがあります。問題に迷ったらそのマインドから判断します。例えば、社労士なら労働者の保護の観点にたって解答を考えます。

原付免許の場合は、安全性のマインドを持って臨まないといけないのでしょう。ところが、若気の至りでそう考えていませんでした。

例えば、『横断歩道で踊っても良い』は〇か×か。答えは『横断歩道は速やかにわたらなければならない』で、もちろん×です。

当時の私は、よさこい音頭を踊ったりしているときもあるし、何より表現の自由だから踊りを禁じるのはナンセンス。踊りながら速やかにわたればいいだろう。それで〇と解答するようなマインドでした。

原付に落ちたことが、資格試験を語るときにちょっとしたネタになっているのですが、実はそのことが、試験を受けるときの役作りの大切さにに気づかされ、その後の試験は役になりきって乗り越えてきたというわけです。

原付免許に落ちたのがよかったのやら悪かったのやら???

JSK青山中央社会保険労務士法人

社労士ドットコム(シャロウシドットコム)

カテゴリー: 未分類 パーマリンク