人が集まるということ

10069583225_s[1]

イベントだって町おこしだって会社経営だって、いかに人を集めるかがポイントになります。若い頃出した私の結論は、人が集まるのは、結局は「面白い」か「儲かる」かのどちらかだということ。

「面白い」は長続きさせるのは難しいし、年齢を重ねると「面白い」より「儲かる」を優先させるから、結局1番は「儲かる」次に「面白い」となるかと思います。

ところが、私はややもすると「面白い」を優先させます。その面白いもテーマに感動するようなもの・・・・。そんな企画を聞くとわくわくします。気が付くと圧倒的に少数派になっています。

例えば、社会起業家にいたく感心したり応援したり。そして、自分自身も世の中をよくする仕組みを作りたいと考えたりします。でも、社会起業家にしてもそうした企画にしても面白くわくわくするけど、儲かるわけでないので、はじめは注目されても徐々に忘れさられたりします。

面白くてかつ、儲かる仕組みではなければ長続きしないものです。それをどのようにして実現するか、是ばかりは誰にも相談できないものです。そして、そこが腕のみせどころだと思っています。

JSK青山中央社会保険労務士法人

社労士ドットコム(シャロウシドットコム)

カテゴリー: 未分類 パーマリンク