出版業界の動向

10069583225_s[1]

インターネットのあおりを受けているのに書店や出版社があります。あまり、詳しくはなかったのですが、知人が出版社を立ちあげたということで、出版会社の今後をいろいろ調べてみました。

結論から言うと、これから出版社を立ち上げるのならネットの会社からだろうなというものです。既存の出版社がネット始めるより、ネットの会社が出版始める方が生き残るような気がします。

出版機能を持つことは、事務所の方向性の1つですが、それで収益を上げる、そうでなくてもトントンで行ける。そうなるのは社会環境的に難しそうです。もとより社労士法人は定款で出版業をあげることができませんし・・・・。

インターネット恐るべしですが・・・・、そのうちネットの会社が社会保険労務士業を始めるという時代が来てもおかしくない。そんなことを思っています。

社労士ドットコムのJSK青山中央社会保険労務士法人

 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク