バイオリンのお稽古

10069583225_s[1]

大人からのバイオリンということで、7,8年ほど前に、意を決して、芸大出身の先生に習ったことがあります。

インターネットで見つけたのですが、習って2か月位した時に、先生から「人前で弾く練習をした方が成長するから、田丸さんもぜひ参加してくださいね」と言われ、発表会に参加することになりました。

その教室はどのようなものかもよく理解していなかったのですが、生徒に社会人は誰もいず、一番の上の人で大学生?そんな感じでした。

それで、発表会に臨んだのですが、なんと参加者は90%が小学生。しかも高学年生は賞を取ったりしていて非常に上手。周りは、目を細める保護者でいっぱい。

そんな保護者より年上の年齢で、子供に混ざって私一人が、演奏しないといけないのかしら?まさに公開処刑状態でした。子供の方が上手なのですから・・・・。年齢の若い順に演奏して、最後が私です。

そんな、トラウマにもなるような経験を持っているのですが、最近、何か始めようと思うと、そこには年齢の壁が立ちふさがっております。

年齢を気にせず、いろんなことに挑戦していきたいと思っているのですが、話を聞いてみるとやっぱり難しい。そう思えることばかりです。

社労士ドットコムのJSK青山中央社会保険労務士法人

カテゴリー: 未分類 パーマリンク