お金を出して怖い思いをするジェットコースター

10069583225_s[1]

遊園地に行けば、コーヒーカップのように、ゆるく楽しめるが好きな一方、ジェットコースターのように、恐怖が伴うのは苦手です。その都度、お金を出して、なんで怖い思いをしないといけないの?なんて思ったりもしています。

だけど、非日常を味わうという意味では、ジェットコースターが好きな人の気持ちもわからないものではないんです。

というのも、人は嫌なことから逃げようとします。案外、逃げて逃げて逃げれば逃げ切れたりすることも多く。気が付くと、漫然とした生活だけが残っていたりするのです。

それで、漫然な生活に物足りなさを感じると、敢えてつらい場所に身を置いてみようと考える。場合によってはお金を払ってまでも、そういう環境に身を置いてストレスを感じつつも、新たな刺激を得て自分の生活を活性化させることができる。

そんな考え方もあるんです。新たなことにチャレンジするというのは、決して楽なことではなく、むしろ何もしない方がいいことが多いとも思いますが、やはり、人というのは新たなことにチャレンジしていくものなのですね・・・。

社労士ドットコムのJSK青山中央社会保険労務士法人
カテゴリー: 未分類 パーマリンク