行政書士の申請取次実務研修

10069583225_s[1]

昨日は、行政書士の申請取次実務研修会でした。研修と言っても、3年に一回の更新研修で、ちゃんと効果測定の試験が待っています。これに合格しないと、当社の主力業務の1つの入管業務が困難になります。

早朝から、緊張しておりましたが、無事終了。自己採点では全部あっていたので大丈夫と思います。

3年に1回ですが、たまには緊張感のある研修もいいものです。

 社労士ドットコムのJSK青山中央社会保険労務士法人
カテゴリー: 未分類 | コメントする

プールの飛び込み

10069583225_s[1]

もともと、水泳は嫌いな方じゃないんですが、泳ぐ機会がほとんどなくて、久しぶりに泳ぐと肺活量のなさや腕の筋肉の痛みを感じたりしております。

ところで、先日、飛び込みのあるプールに行きました。深さ3mもあるプールですが・・

東京でプールというと、ほとんどが飛び込み禁止になっています。飛び込むことで事故が起きるのを防ごうということなんですが・・・。飛び込みが当たり前で育った自分には、いつもなんだか物足りないものを感じておりました。

たまたま行ったホテルがプールつき。思いっきり飛び込んだのはどれぐらいぶりでしょうか?すっごく爽快なものです。子供の頃の忘れていたものを思い出した気がしました。

飛び込み・・・いいものです。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

桜の季節

10069583225_s[1]

気が付くと、桜の季節になってきました。

2月は、寒い日が続いていたので、この変化には毎度本当に驚かされます。ツイッターやフェイスブックにも、桜の写真がアップされ始めて、私も、MY桜のある不忍池の桜に会いに行きたくなっています。

でも、いんどあ派の私は、仕事の合間にひとりで行くのもさびしく、だれか誘ってくれないかなぁ・・なんて思っています。

そういえば、当社でも開業5,6年ころは、勤務時間中に皆で桜を見に行ったりしてました。牧歌的でしたね。

法人化した今では、勤務時間中に社員みんなで桜を見るのは難しいでしょうね。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

メディアの多様化と猫

10069583225_s[1]

テレビ局の視聴率が落ちてきて、一方でネットを中心として生放送の動画が増えてきました。当初、無法地帯のような状態であった生放送のサイトも、既存の大手会社と合併し、安定した多チャンネルの番組提供ができるようになり、ビジネスの世界も抵抗なく生放送チャンネルを受け入れるようになっています。

また、新しい生放送多チャンネルのプラットフォームに、私の知っている限り大手2社が参入していきており、本当に誰でも、番組を持てるような時代になってきています。

そうなると、コンテンツに求められるのは、アーティストと呼ばれる人やアイドル、声優、アニメ、ゲーム関係が伸びてきていて、ちょっとしたブームを超えて社会現象になっています。

時代は、大きく変わっていきますが、今後5年10年先はどうなるのか、さすがにわかりません。恐らく、もっと多くの人がアーティストやアイドルと呼ばれるようになって、従前のイメージとは違ってくるんでしょう。一般の人も、ファッションや見てくれに注意を払い、質実剛健や男は黙って・・・、ボロは着てても心は錦などなど・・・。遠い過去に追いやられていることでしょう。

最近ペットの数で、長らく犬が猫より多かったのが、今回の調査で猫と犬の数が並んだという報告がありました。かわいいがキーワードになって、猫の方が相性がいいということだと思っています。

社労士ドットコムのJSK青山中央社会保険労務士法人
カテゴリー: 未分類 | コメントする

SMAP騒動・・・社会現象

10069583225_s[1]

SMAPは国民的グループであるのは、理解しているのですが、SMAP解散のドタバタを見ると、芸能界というかマスコミ界というか・・・、へんにドロドロとしたものを感じて嫌な気になる人は多いと思います。

ニュースを見るたびに、ちょっとやるせなくなるんです。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

2つの今日の言葉

10069583225_s[1]

私の部屋には2つの今日の言葉がかかっています。1つは、JSKグループの山崎税理士事務所より毎年贈られてくる「松下幸之助の言葉」そして、もうひとつは、PHP研究所が年初のあいさつに来て、プレゼントした「毎日修三」の言葉です。

それぞれ味わい深いのですが、方向性が全く違うのがまた面白いです。

例えば、17日の今日は、松下幸之助「今日の反省 あすの発展」松岡修三「干し餅は、干されているようで 干されていない」という風に・・・・。

2つの今日の言葉を比べることで、硬軟があって、よい一日が送れるような気がしてきます。僕もそのうち、自分なりの31の言葉を創りたいですね。

社労士ドットコムのJSK青山中央社会保険労務士法人
カテゴリー: 未分類 | コメントする

初雪

10069583225_s[1]

今日は、初雪です。朝は雨だったのですが、気温が低かったので、ひょっとすると雪になるかもと、思っていたら、だんだん雪っぽいのに変わってきました。

雪は好きなのですが、東京ではそんなに積もることもなく、翌朝には、土とまざり美しくなくなります。

初雪が舞うのを、楽しく眺めている分が一番いい感じです。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

お金を出して怖い思いをするジェットコースター

10069583225_s[1]

遊園地に行けば、コーヒーカップのように、ゆるく楽しめるが好きな一方、ジェットコースターのように、恐怖が伴うのは苦手です。その都度、お金を出して、なんで怖い思いをしないといけないの?なんて思ったりもしています。

だけど、非日常を味わうという意味では、ジェットコースターが好きな人の気持ちもわからないものではないんです。

というのも、人は嫌なことから逃げようとします。案外、逃げて逃げて逃げれば逃げ切れたりすることも多く。気が付くと、漫然とした生活だけが残っていたりするのです。

それで、漫然な生活に物足りなさを感じると、敢えてつらい場所に身を置いてみようと考える。場合によってはお金を払ってまでも、そういう環境に身を置いてストレスを感じつつも、新たな刺激を得て自分の生活を活性化させることができる。

そんな考え方もあるんです。新たなことにチャレンジするというのは、決して楽なことではなく、むしろ何もしない方がいいことが多いとも思いますが、やはり、人というのは新たなことにチャレンジしていくものなのですね・・・。

社労士ドットコムのJSK青山中央社会保険労務士法人
カテゴリー: 未分類 | コメントする

若者ほど時間がない

10069583225_s[1]

自分が若者とは言えないなと思ったのはいつ頃だっただろうか??

30代はまだ若者と思っていたような気がしていますが・・・・。

一般に、年を取ると時間が残り少ない。若者は無限といっていいほど時間があるなんて思ったりもしていましたが。

年末に、あまり面識のない23歳から26歳までの男性4人に紛れて居酒屋に行ったのですが、その時の会話が面白く感じました。

共通しているのは、時間に対する焦りです。前にも感じていたのですがこのくらいの年代は、2つの市場の中で納得のいくポジションを取るのに忙しい。

1つは「恋愛市場」でもう1つが「労働市場」です。2つはリンクしているところもあって、労働市場でのポジションが恋愛市場を有利にしたりもします。反対にモテ・人気の場合、芸能関係では収入に結び付きます。その2つの市場の中で必死に忙しいのです。

考えてみると、家庭ができると、一般に恋愛市場から退場します。(退場せずに頑張る人もいますけど。)そして労働市場も、35歳以降は一般に転職しづらくなるといいます。40代50代であれば、改めて転職のため労働市場に参入しようという人は少ないです。

そう考えると、僕らの世代は、2つの市場から退場している。その分若者に比べて落ち着いた時間消費ができるのだと感じました。

そんなことはわかりきったことかもしれませんが、若者とお酒を飲むとそれが実感できる。自分の忘れていた視点を改めて得る思いがしました。

社労士ドットコムのJSK青山中央社会保険労務士法人
カテゴリー: 未分類 | コメントする

小笠原からのメール

10069583225_s[1]

東京で仕事をしていると、ふと、南国の楽園に憧れたりもします。とは言っても、働かないと生活ができないので、南国の楽園で何か仕事ないかなぁ・・・って半分冗談・半分真面目に考えてみたりもします。

それで、小笠原諸島の求人情報のメールマガジンに登録しているのですが、今日は、実現可能性のある仕事が・・・・。

ガソリンスタンドの仕事で、時給950円。しかも生活必需品のそろったアパートが無料で提供されるという。

小笠原で南国生活を体験するのもいいのではないでしょうか???

まー・・・私は、難しいのですが・・・

社労士と言えば社労士ドットコムのJSK青山中央社会保険労務士法人
カテゴリー: 未分類 | コメントする

インフルエンザの予防接種

10069583225_s[1]

今年は、めずらしくインフルエンザの予防接種を受けました。電車の中では、マスク姿の人が増え、ひどく咳き込む人も増えています。

ところで、接種からひと月たちましたが、予防接種の後遺症が出ています。筋肉痛が続いていたのですが、今は、肩から人差し指までしびれが出ています。しびれとインフルエンザどちらかを取るかというと、インフルエンザの方がいいですね。

医者によると少しずつにしか改善しないようで、年を越すそうです。それでも治ればいいのですが集中力に影響もでており、難儀しています。

来年からは、予防接種はしないようにしようと思った次第です。

社労士ドットコムのJSK青山中央社会保険労務士法人
カテゴリー: 未分類 | コメントする

野坂昭如さんのこと

10069583225_s[1]

野坂昭如さんの訃報に接し、来るべき時が来た感じがしました。野坂さんは、僕が広島大学時代に、講演に来て下さってました。宣伝が十分でなかったのか、出席者は本当にまばら・・・。

その中で、一番前の席で野坂さんの話を聞いていました。もう忘れてしまいましたが戦後の焼け野原からの話でした。

田中角栄に挑んで選挙に出たり、マスコミを痛切に批判したり、反骨精神のある方です。

焼け野原世代がどんどんいなくなってくるようになって、いかに受け継ぎ活かしていくかが大切だと考えています。

社労士と言えば社労士ドットコムのJSK青山中央社会保険労務士法人
カテゴリー: 未分類 | コメントする

ラジオ番組のタグがツイッターのトレンドワードになりました。

10069583225_s[1]

JSK青山中央社会保険労務士法人が創立20周年の記念事業としてはじめた、次世代の有望な若者の応援番組「radioclub.jp」(かつしかFM)の番組のタグ(#あっさむラジオ)が12月4日に、ツイッターのトレンドワードになったという報告を先ほど頂きました。 リスナーの皆さん、出演者の皆さん、局のスタッフさん、番組を盛り上げてくださっている多くの方に感謝しています。地方のコミュニティFMで限界はあるかもしれませんが、謙虚に、志を高く持って、社会的に意義のある番組をつくっていきたいと思っています。

社労士と言えば社労士ドットコムのJSK青山中央社会保険労務士法人
カテゴリー: 未分類 | コメントする

社労士試験の合格率が2.6%でした

10069583225_s[1]

 

 

 

 

社労士試験の合格発表があり、その合格率の低さが話題になっています。いつもは10%から7%の間くらいなのですが、今回は2.6%。

毎年の試験の難易度によって上下するのは致し方ありませんが、他の資格のように合格率をある程度決めた上での合否にしてもらわないと、勉強してきたものがうかばれない。そんなことを思っています。

JSK青山中央社会保険労務士法人

カテゴリー: 未分類 | コメントする

自己不一致と集中力

10070533988_s[1]

嫌なこととがあったりすると、気もそぞろ。目の前の業務も手が付けられなくなります。こういうのを自己不一致の状態というのですが・・・・。

最近、偉いと思うのは、これは人間だれしもあることだと思いますが、タレントなどは、そういう状態でも、しっかりと与えられた仕事をこなしていきます。それを集中力というのだそうです。

よく親の死に目に会えないとはいいますが、本当に自己不一致でも演技ができるタレントはすごいなあと感心するものです。

最近、そういう場面に出くわしてそう思いました。

JSK青山中央社会保険労務士法人
カテゴリー: 未分類 | コメントする

余人を持って代えがたい

10069583225_s[1]

耳では知っていたが、実際に知らない世界に触れると、より具体的にわかるということがあります。毎日、なるほなるほどと感じています。

今覗いているところは、代替的人材が多いところなので、そこで成り立つためには、余人を持って代えがたい人物になっていかなければなりません。

それが難しく、社労士法人も当社だけの魅力がなければ成り立たないんだよなあ・・・。と改めて感じた次第です。頑張っていきます。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

老害を考える

10069583225_s[1]

今から、20年前から10年前くらいまでは、政界や経済界を中心に老害という言葉がよく使われておりました。

最近は、高齢社会で介護に注目が集まる中、老害という言葉はあまり聞かれなくなりました。ひょっとして老害って言葉自体が差別的言葉になってしまったのかもしれません。

なんで老害という言葉を思い出したかというと、過去の栄光にしがみついて、何でも自分の言うとおりにならないと気に食わないという人が男性の年配者に増えてきているような気がしているのです。

もちろん、関わる組織体は弱り果ててしまうんでしょうけど・・・。

介護の必要な高齢者に対する介護体制の問題に加え、元気で働けるのは有り難いものですが、頑固で、人の話を聞かない組織の長で、組織として弊害が出てきている高齢者の問題も、これから増え続けていくと思われます。

自分自身もいつまでも元気に働きたいと思う反面、老害とならないように若い人を育てて、それを応援する側に回りたいものだと感じています。

社労士ドットコムのJSK青山中央社会保険労務士法人
カテゴリー: 未分類 | コメントする

時代は変わるか・・・

10069583225_s[1]

先日、社会福祉士の会で「ケアドル」職場が介護の人によるアイドルユニットが第2部にやってくる話を書きました。僕は、行かなかったのでその後のことはわかりませんが・・・・。

昨日、士業娘の萌えキャラを見つけました。社労士もいます。メガネをかけてかわいいキャラです。

なんだか、そんな世の中の風潮を見るにつけ、現在はアイドルとか萌え文化が行き過ぎているところがあって、昔、カリスマという言葉がはやって、何でもカリスマをつけていた時のような感じを受けています。

どこか現実感がなく、漂う感じ。かわいいが正義で、かわいければ何でも許されるような風潮。それもちょっと行き過ぎた感じ・・・。

日本のアニメ文化は世界に誇れるところではありますが、何でもアイドル、何でも萌えキャラから、やがてそれを打ち破るような現実味のある、質実なものにとって代わる時代になるような気もしています。

アメリカの文化も9.11前と後では大変変わったといいます。なんかそんなことを考えている今日この頃です。

社労士ドットコムのJSK青山中央社会保険労務士法人
カテゴリー: 未分類 | コメントする

同世代の考えること

10069583225_s[1]

同世代の人が講師を務める研修に参加してきました。多様な職業がある中で普通では出会えるようなこともないのですが、ありがたいことにいろいろ話を聞かせていただきました。

そこで感じたのは、私と同じようなこと。つまり、次の世代に伝えていくことの大切さを感じられていること。実に楽しい2時間でした。

徐々にみんな、若者を応援し、伝え残していくことを考えるようになるんでしょうね。

社労士ドットコムのJSK青山中央社会保険労務士法人
カテゴリー: 未分類 | コメントする

事務所一階に鮨屋がオープン

10069583225_s[1]

近くにあった便利な鮨屋さんがなくなって、本当に青山って鮨屋ないんだよね~って思っていたら、なんとJSK青山中央社労士法人の1階に鮨屋がオープンしました。以前は、ショットバーが入っていたところですが、このショットバーも気に入っていたのですが、鮨屋になって喜んでおります。

いろいろ利用できるかどうか、値段や味、人柄、店構えなど要因はいろいろありますが、顔を出しやすい店だといいなと思っています。

社労士ドットコムのJSK青山中央社会保険労務士法人
カテゴリー: 未分類 | コメントする